Noriさん 農作業ブログ+日常

YouTube連動 いちじくVlog(それ以外もありかな)

田植に向けて準備進めてます

いちじくを少しお休みして,GWに向けて行う田植の準備を進めています。

荒お越しは完了し、畔の除草作業。

代掻きに向けての準備、田植え機の確認。

今日は荒お越しが終わって暮れまでは使用しないロータリーを洗車します。

再来週に入ると代掻きするのでまたトラクターが汚れるのでロータリーだけ洗車したいのですがそれもなんだかな~。

手間はかかりますが本体も一緒に洗車します。

やっぱり綺麗に保管すると長持ちする感じですからね。

畑のそばにある用水からポンプを利用して高圧洗浄機で洗車です。

お天気よくて乾きも早くてよかったです。

youtu.be

荒お越し

こちらではGWに入ると一斉に田植が始まります。

みなさん大体畔塗りを終えて今は荒お越しの為に田んぼに入水

もしくは荒お越し作業を始めています。

かくいう私も荒お越し作業を始めました。

家は田んぼが1町8反なんで荒お越し作業も2.5日で終わります。

以前のトラクターキャビンタイプでなかったのでしっかり防寒しての作業でしたが

キャビン付トラクターにかえてからはとても快適です。

冷暖房完備のCDデッキまでついてます。(標準装備)

変な話サンダル+普段着でも作業が出来ちゃいます。

実際には作業着を着て、長靴もしくは安全靴でやりますけどね。

そんな快適な空間になったのでトラクターには

お茶、おやつ、携帯、モバイルバッテリーを持ち込んでいます。

携帯には音楽やポッドキャストをダウンロードしてあります。

あと、夏の間に見れていなかったテレビ番組の録画を携帯に入れて半分見ながら荒お越し作業をしています。

ほんと快適になりました。

 

youtu.be

NMP

数年間ですが携帯キャリアとしてLINEモバイルを利用してました。

その前はソフトバンクでした。

当時は大手キャリアの支払いが高くて丁度各社から格安simMVNO)が出始めて

そんなにパケットも使わないし、会社も早期退職もしたのでそこまで電話も利用しないのでここは格安simだね!と言事で色々検討してLINEモバイルにしました。

LINEモバイルだと契約当時は

LINE通話、LINE、facebookTwitterinstagramがカウントフリー

つまり契約ギガからのパケット消費がゼロ!しかも月々の支払額に応じてLINEポイントが貰える。

ということでLINEモバイルにしました。

 

3年程利用し問題もなかったのですが、4月から新規申し込みが終了となり、LINEポイントも昨年からもらえなくなる事に約款も変更になりました。

どうもソフトバンクさんと提携を結んだ頃から徐々にバンクよりになってきてこの度LINEMOというサービスが開始となったので今後はそちらにシフトするのでしょうね。

 

3年間ありがとう!では新しMVNOへ移行です。

IIJと迷いましたが今回はmineoにすることにしました。

LINEモバイルに移行する際にも

IIJ、mineo、AEONモバイル、LINEモバイルが検討に残り結果 LINEモバイルにしました。

今回は

IIJかmineoのいずれかかなと思い色々調べてmineoにしました。

4/1に早速MNP申請してmineoに転入

4/6本日simが届いたのですぐに開通依頼。

依頼ボタンを押して1分もたたないうちに携帯が圏外に

「はやっ!!」すぐに今のLINEモバイルsimが解約になりました。

新しいsimを入れて色々と設定して、ハイ終了!

これで晴れてmineoに変更完了です!

今回は1Gプラン、ほぼ家でのWIFI通信なので1Gもあれば十分です!

 

こういう記事を書いていると下の広告はLINEMOか~い!

 

苗の水やり

発芽からのハウスに移設して3日

もう一日くらいはそのままにしておくのがいいのですが

昨日までハウス内は前回に空けていても35度を超える暑さでしたので

覆土が乾いてきたので水をサッとあげることにしました。

今年からラブシートにしたので上から水を散布してもいいのですが

やはり覆いを外した方がしっかりと散布できます。

水やり後はまた覆いを被せてOK

もうしばらくはラブシートのお世話になります。

 

昨年は発芽が上手くそろわなかったのですが今年はしっかり芽が出たのでほっとしてます。3日目ですがラブシートをめくるともう色がつき始めていました。

詳しくは動画でご覧ください。

youtu.be

苗出し

  1. 種もみ消毒
  2. 催芽
  3. 発芽

 

昨年は3の発芽がいまいちになり田植時はハラハラ、枚数たりるか?でした。

ほとんど余りが無い状態で無事乗り切ることはできましたが

それも発芽が上手くいかなかったので急遽追加で余った種もみを利用して増やしたので何とかなったので今年は去年の失敗を考慮しての挑戦となりました。

 

1番で失敗はないハズなので2もしくは3が問題ありだと考えます。

 

催芽はハト胸が基本ですが、今年はいつもより長めに催芽させました。

時間的に言うと6時間くらい。

それでも見た目はハト胸になっているの?って感じでした。

家にはちゃんとした催芽機が無いのでスチーム発芽器を代用してます。

おそらく温度ムラがあるので催芽にもムラがでるではということで

今回は温度をかけて24時間後に場所を変えることにしました。

その際にいつもより長く温度をかけるので籾が乾燥してしまうかもしれないので水にざぶんと浸すことにしました。

それから追加で6時間。さすがにこれ以上はどうかと判断して水に浸して催芽をストップ。

それから水からあげてブルーシートに広げて少し乾かします。

べたべたの状態ですと種まき時に機械にくっついてしまってうまくまけないので毎年少し乾かします。

 

種まきを翌日に控え種もみを確認すると、ちょっとこれは乾き過ぎでは?という状態に。

かといって水に浸すと種まきができない。

霧吹きなどで少し水分を与える様にした方がいいという父。

自分的には種まきを午後にして午前中は水に浸して少しでも水分を与えたたい。

 

うーん、どうしましょう。

!!

そこで思い出す、林農産の林さんの動画

林さんところは催芽を止めたその日に種まきしてます。

濡れた種もみをうの花(おから)の絞る脱水機を直前にかけて水分を飛ばしてました。

そうだ!洗濯機を使おう!
一旦水に浸して洗濯機の脱水モードで2分ほど回してみたら

良い感じに水気が切れました。

 

無事に種まきは完了です。これは来年からは催芽が終わって種まき寸前まで水に浸して種まき当日に洗濯機に決定です。

 

発芽はいつも3日位かけてやっています。

設定温度はスタートからゴールまで30度通しでした。

 

そこで、林さんの動画でどうしているかを見てみると

最初は22度くらいから段階的に温度を上昇させて最終的に30度にしてゆっくりと温度上昇させてました。

一気に上げると籾が焼けてしまうとのこと。

なるほど。

では

1日目25度

2日目28度

3日目30度

1日目が終わってちょっと様子をみると少しですが芽が出てました。

3日目温度を30度に上げる前に見てみるとまだ出すには早いくらいしか出てませんでした。

これってあした出せるかな?

って感じでした。

苗出し予定の日、シートをめくってみてびっくりしました。

どうなったかは動画で確認ください。

youtu.be

 

ラブシート 不織布

今日から新年度スタート

新社会人は緊張の1日になっているのではないでしょうか?

私の社会人スタート時は3月中旬からすでに会社にいって社員教育を始めてましたが

3月中は正社員ではなくアルバイト扱い、4/1から正社員になっていた記憶があります。

遠い昔の記憶になりますね。

 

さて、今回はラブシートを設置してきました。

知らない方が見ると「ラブシート?」それてなんだかいやらし響き💛
今回購入する際にコメリさんで予約したのですが実際に届いた時にお店の人も

ラブシートが届いた!これって!!
しかし店員さん、商品の実物をみてなぜこればラブシート?って思ったそうです。(笑)

 

私も知りませんがなぜこんな商品名なんでしょうかね?

ほんと知らない人が聞いたらそれって💛になりますよね

ユニチカさんに由来を聞いてみたいですね。

 

はい、実物は動画をご覧になって貰えれば分かりますが「不織布」になります。

育苗の際に白化現象防止、保湿を目的としたシートになります。

発芽を終えたばかりの苗をハウスで育てる際に被せて利用するシートになります。

私も今回初めて使うので実物に触れたのは初めてになります。

丈夫そうな不織布ですね。若干水も通すので被せたまま水やりもできるらしいですが

もちろん被せてない方がしっかり水やりができます。

結構Youtubeなんかでも動画にしている人がいてそのまま水やりするひともいますしめくる人もいます。

流石に気温も上がってきたのでハウス内の作業は激熱になるので風を通しながらの作業をしました。

 

youtu.be

 

元肥の施肥

今日は元肥を施肥しました。

 

では少しだけ肥料の事を説明します。

 

元肥にむいている肥料は有機肥料になります。

理由は

元肥にするなら緩和性、緩効性の肥料が向いているといわれています。

元肥にするなら土に混ぜ込んで使用するのが良いのですが果樹園を栽培している私の所ではすでにいちじくの樹が根っこを張っているのでその辺りはできません。

ということで利用している肥料は「有機化成肥料」です。この肥料は有機肥料と化学肥料の両面を持っている肥料になります。

化学肥料で速攻で効いて、そのあと有機肥料がゆっくりと効いていく。

素晴らしいですね。

 

有機肥料の特徴はそのままでは肥料になりません。

土中の微生物によって分解されることで肥料になります。

なのでゆっくりと効果がでるんです。

油粕や魚粕などが有機肥料になります。

反面匂いが結構キツメです。

6月~8月に施肥することはお勧めできません。

匂いにつられて虫が寄ってきます。

なので有機肥料は春先や涼しくなった秋に施肥するのがいいです。

 

化学肥料は微生物力を必要としないので速効で効き目がでます。

その代わり効果も短く1ヶ月ほどです。

化学肥料ばかり使っていると畑の土が固くなります。

微生物による分解が無いので当然なんですけどね。

なので肥料は有機、科学と両方をうまく使っていくのがいいです。

元肥の施肥動画は今週末に公開予定になるので是非見てくださいね。

施肥作業動画はこちらです

youtu.be